国際税務・海外税務でお悩みでしたら、東京・大阪・福岡の税理士法人ガルベラ・パートナーズが運営する「国際税務ドットコム」にお任せください

海外駐在員の税務・タックスヘイブン・外国税額控除・PE課税・移転価格税制などのご相談に対応しています

国際税務ドットコム

 税理士法人ガルベラ・パートナーズ
【東京事務所】東京都港区虎ノ門3-23-6 秀和虎ノ門三丁目ビル7階
【大阪事務所】大阪市西区立売堀1-2-12 本町平成ビル3階
【福岡事務所】福岡市博多駅東1-5-8 モアグランド博多ビル4階

 

【営業時間】9:00~18:00
(土日祝日を除く)

東京事務所 03-5405-2815
大阪事務所 06-6535-8828
福岡事務所 092-477-2025

外国税額控除

わが国の外国税額控除制度は、内国法人のみに限られております。
居住者は、全ての所得について日本で課税されます。

しかし、国外で生じた所得については、外国の法令で所得税に相当する租税の課税対象とされ、日本及びその外国の双方で二重課税されることを調整します。

外国税額控除の計算方法

まず、所得税から控除します。
所得税で控除しきれない場合は、県民税から控除します。
更に控除しきれない場合は市民税から控除するという3段階になっております。

外国税額控除の限度額は、配当控除や住宅ローン控除などの税額控除をすべて差し引いた残額が限度額です。

所得税の外国税額控除限度額の算出方法

その年分の所得税額×(その年分の国外所得総額÷その年分の所得総額)

 県民税の外国税額控除限度額の算出方法

所得税の外国税額控除限度額×12%

市民税の外国税額控除限度額の算出方法

所得税の外国税額控除限度額×18%

外国税額控除の繰越控除

外国税額控除とは、外国所得税を納付することとなる年において、その年分の所得税額(外国所得税の額が所得税の控除限度額を超える場合は、所得税の額及び復興特別所得税の額)から一定額を差し引くことになっております。
しかし、国外所得が生じた年と外国所得税を納付する年が一致するとは限りません。
そのため、注意が必要です。
したがって、国外所得の発生年と外国所得税の納付年との年分の違いを調整するために、外国所得税の額と所得税の控除限度額との差額のうち、一定額を翌年以降3年間繰り越すことができます。

国際税務ドットコムへのお問合せはこちら

お問い合わせは専用フォームからお願いします

ご相談内容を具体的にご記入のうえご連絡ください。

国際税務ドットコムのよくあるご相談
  • 海外駐在員の税金について日本側と海外の双方の取り扱いを知りたい
  • タックスヘイブンの件で税務署から指摘が入ったのだが詳細を知りたい
  • 国際税務のセカンドオピニオン契約をお願いしたい
  • 日本だけでなく、海外の税金についても教えてほしい
  • 相談だけでなく、申告業務なども行ってほしい

ガルベラ関連サイト

国際労務.com

海外駐在員の労務と外国人雇用やビザなどの情報をご提供

海外赴任.com

実績年間50件以上!
海外赴任規程の作成、給与、税金、社会保険のご相談

福岡☆海外進出サポートセンター

福岡からの中国、香港、台湾、ベトナム、タイ、アメリカへの進出サポート

外国人雇用と就労ビザ

就労ビザの基礎知識や在留資格の疑問点などのお悩みをご解決

アジア就職転職サポートセンター

香港・シンガポール・タイ・ベトナム・中国・台湾など東南アジアの日系現地法人への海外就職・転職をサポート

外国人採用支援.com

企業のための採用支援
<外国人の紹介や人材派遣>

ガルベラセミナー

税務・労務・法務・海外進出などの幅広いセミナーを定期的に開催しております。

海外進出ならお任せを

中国ビジネスサポート

中国全土での現地法人設立や許認可取得、記帳代行、税務申告、ビザ申請、中国国内の組織再編などをサポート。

香港進出サポート

香港法人設立、会計、税務、労務を総合的にサポート安心報酬プランで年間維持経費を安く抑えることができます。

台湾進出サポート

台湾法人設立、会計、税務、労務を総合的にサポート安心報酬プランで年間維持経費を安く抑えることができます。

ベトナム進出.com

現地視察、市場調査、現地法人設立、銀行口座開設、会計税務などをホーチミン・ハノイの双方の拠点でサポート。

タイ進出サポート

タイ法人設立、会計、税務、労務を総合的にサポート安心報酬プランで年間維持経費を安く抑えることができます。

ガルベラ・USA

ガルベラ・USA

アメリカでの法人設立、会計、税務、労務をサポート。日本国内にいながらアメリカの税務申告も可能です。